リベンジ・リベンジ

性懲りも無く、ウド&ノビタキへ。

夏鳥撮影として、この場所へ行くのも今季最後?

最終組と思われる子育てファイミリーが一組だけ

残ってました。

 

今回は、雄もけっこうウドに乗ってくれたのですが

思い描くシーンは結局撮れず、来季へ持ち越しです。

 

驚いたのは、第一回冬羽と思われる、3枚目の固体。

おそらく今季の一番子、未だ8月なのに・・

秋に近所で、また会いましょう。

 

午後は、標高を上げて2,000m超へ。

ルリビタキ、メボソムシクイは健在。

コマドリは声も姿もまったく無しでした。